OFF会のご案内
電子コミニュケーションである「SIG歴史への招待」参加者の直接の交流の場として、OFF会またはオフラインミーティングなどと呼ばれる集いが行われることがあります。この呼び名は、回線接続の事をオンライン接続と呼ぶのに対する言葉として生まれました。「SIG歴史への招待」のOFF会も活発に開催されております。以下はOFF会最多参加の四角五角さんからのOFF会の様子をリポートしていただいたものです。(1999年8月現在)
誰でも参加でき、同趣味の仲間と心ゆくまで語り合えるOFF会に、是非皆様もいかがですか?
OFF会は、どなたでもご自由に参加できます。
次回OFF会については、フォーラム「楽市・楽座」にてご確認ください。
今のようにOFF会が盛んに行われるようになったのは98年からで、これ以降現在までに歴史SIGのOFF会は12回行われました。以下は行われた場所と人数です。
 1998年 2月22日 札幌OFF居酒屋5人
 1998年 3月19日 新橋OFF飲み屋3人
 1998年 4月 5日 横浜OFF中華街4人
 1998年 6月12日 札幌OFF キリンビール園6人
 1998年 8月13日 東京臨時OFF 東京駅付近の飲み屋5人
 1998年 8月27日 大洗OFF4人
 1998年 9月19日 両国OFF7人
 1998年10月18日 横浜OFF8人

 1999年 2月 1日 秋葉原OFF3人
 1999年 3月 6日 両国OFF3人
 1999年 5月22日 札幌OFF6人
 1999年 7月29日 佐倉OFF7人

札幌は当然泊まりのOFF会ですが、それ以外だと大洗OFFだけが泊まりのOFFです。
OFF会は平日に行われることもありますが、だいたい集合時間は6時前後で現地集合の現地解散です。終わる時間はだいたい入った店のラストオーダーを過ぎる頃です。
OFF会の開催予定が決まるのは、だいたいOLT内で決まります。
OFF会は歴史SIGの常連と呼ばれる人達が集まって、今現在話題になっている政治や社会の話、それに歴史談義を酒を飲みながらするというのがほとんどです。決して歴史談義などでも専門家が話すような難しいことを話すのではなく、ある歴史の事実に対してみんながそれぞれ思うところを話すという感じです。また、常に参加者の全員が常連だけというわけでなく、OFF会に参加したことがきっかけで、常連となった人もいます。
しかし、佐倉OFFなどの様に博物館の特別展示の見学を目的としたOFF会もあります。
飲み会での代金は割り勘で、博物館の入場料、交通費などは自己負担です。

(リポーター:四角五角 1999.8.11)

ご注意

「SIG歴史への招待」は社会人としてのマナーを充分わきまえたかたばかりの大人の集いですので、現在マスコミ等で騒がれているようなネットワークの諸問題には無縁ではありますが、過去に全くトラブルが発生しなかったかと言えば、そのような事はありません。

ネットワーク上での濃密な親しさ故に、相手の人格まで深く理解したつもりになっていると、おもわぬ落とし穴が待っていたりすることもありますので、十分ご理解の上で、あくまでも参加する皆様ひとりひとりの自覚と責任でOFF会をお楽しみくださいますようお願い申し上げます。(SIGOP)